戦艦大和会講演会のご報告


[戦艦大和に関する行事]

 平成29年4月8日(土)呉阪急ホテルにて戦艦大和会講演会を開催しました。

橋本武生氏による講演では「大和」の護衛任務についていた「磯風」での体験、またご自身の海軍でのご経験をつぶさにお話しいただきました。 


-駆逐艦「磯風」乗組員 海軍上等兵曹の証言- 

『戦艦「大和」型3隻と駆逐艦「磯風」の最期を見届ける』 


講 師 橋本 武生氏(旧姓 貞藤)

 大正13年生まれ。駆逐艦「浦風」、「磯風」に乗り組まれ、真珠湾奇襲攻撃、ミッドウェイ作戦、レイテ沖海戦、天一号作戦(沖縄水上特攻)等、数多くの戦闘に従事されました。 特に戦艦「武蔵」、「大和」、航空母艦「信濃」と、「大和」型3隻の最期を見届けられました。